QOL 200歳まで健康に生きるためにするべきこと

自分で健康の質を高める方法はこれ!医者と薬に頼った時点で負けです。

痔になる理由と対策

calendar

reload



齢を取るにつて、痔になる人が増えていきます。

もちろん、といいますか、不幸にして、若い人でもなります。

ちなみに、私は大学1年生の春、便器が鮮血で染まった衝撃は今でも忘れられません。

一口に痔といっても、症状にいくつかあるのですが、ひとまずおいておいて、痔になったらどうしますか?


1番:様子を見る

2番:薬局で薬を買ってきて、自己治療を試みる

3番:医者に行く(行くからには手術覚悟できていますね)

まぁ、社会通念的には3番ですよね。

ちょっと、待ったぁ!

私の話を聞いてください。

私が住んでいる地方都市には全国的にも有名な肛門科の権威がいます。

痔の本も何冊か出版されています。

これ以上お話しすると、その医者が特定できてしまうので、ここまで。

その先生に、私の知人が3名も痔の削除手術で入院しました。

もちろん手術は大成功。

本人たちも、先生の腕前に感心しきりです。

ところが、3名のうち2名は、数年後に痔が再発して、再度痔の削除手術で入院しました。

またしても大成功で、本人たちは先生にとても感謝しています。

そして私にこう言うのです。

「あの先生はスゴイぞ。お前も手術したらどうか」

まぁ、こういうのを「信じる者は救われる」というのでしょう。きっと。

私にすれば「ヤブ医者じゃないの?」なのですが…


何が言いたいかというと、どんなスゴイ先生に診てもらっても、所詮は同じだということです。

そして、その程度のことなら、私のおすすめを試してみませんか?ということなのです。

お金は不要!

やる気が必要!


そもそも、なんで痔になるのか、そして、対策はどうするかを説明しますね。

わかりやすくしたいので、大便とか、下品な単語を使いますが、あらかじめご了承下さい。

痔になる理由

この中に心当たりありませんか?

大便を毎日しない。たまにまとめてする(便秘症であるなしによりません)

大便をする際、長時間便器に座る(和式なら便器をまたぐ)

座ったままの時間が長い(運転、仕事、勉強、何をやるかは不問です)

アルコールが好き(酒、ワイン、ビールなど種類は不問)

緊張、不安、うつ、などを感じている(ストレス、心労、憂鬱、心の疲労など)

要は、肛門付近が圧迫され、鬱血状態で力むと痔が発症するのです。

ただし、最後に挙げた精神的なものが、どうして痔を誘発させるのかは、私にはわかりません。そうした状況では、血管が収縮すると理解しているからです。

しかし自他共の経験から、精神的な要因が痔を引き起こすことがあるという確信があります。(もちろんストレス単独ではなく、他の理由と影響しあっての痔の発症です)

痔になったら、この対策

医者に行く必要はありません。

行ったら最後、切られてお終いです。

その時は良くても、いずれ再発します。

外科手術は診療報酬も高額ですし、切り取ればいったんは完治したように見えますので、医者は切りたくてウズウズして、あなたの顔を見るはずです。

では、こうしましょう!

近くの薬局で、ボラギノールでも、プリザSでも、お好みでかまいません。できれば坐薬の挿入タイプを買ってきて、応急処置しましょう。

薬局によっては、レジに行こうとすると、どこで見ていたのか薬剤師がすりよってきて
「痔ですか?それは大変ですね。どんなですか?」
と話しかけてきて、言葉巧みに高額な薬を売りつけようとします。
絶対に薬剤師の話を聞いてはいけません。無視するのも気が引ける場合は「頼まれただけです。」と立ち去りましょう。

また、新聞広告によく出てくる某大手の通信販売も、物凄くしつこいので、買ってはいけません。

次に、生活習慣の改善です。

以下を絶対に遵守しましょう!

毎日大便をする。(できれば時間も決める)

長くても15分以内。5分で排便を完了できるように訓練する

食物繊維を意識して取り入れたバランスの良い食事を規則正しく摂る

水を大量に飲む。最低2リットル以上

ストレスは、自分の好きなことをして解消させる。絶対に溜め込まない

良いですか、特に上の2つの赤字は絶対ですよ。

便が出なかったら、牛乳がぶ飲みとか、キシリトールガムとか、カカオ90%のチョコとか、下剤以外の手段をとりましょう。

そこまでしてでも、絶対に毎日排便するのです!

トイレに本や新聞など持ち込んではダメ。

スマホも置いていきましょう。(落としたら大変だと考えればよいのです)

トイレに入ったら、大便をすることに集中です。

ただし力むのは厳禁です。

トイレに入ったら、鼻歌でも口ずさむように、軽ろやかに大便を出し、さっさとトイレから出ましょう。(これを5分以内で毎日欠かさずに)

医者でもないのに、勝手な発言をして申し訳ないのですが、これができるようになれば、痔の人はほとんどいなくなるハズです。

sponsored link

この記事をシェアする