QOL 200歳まで健康に生きるためにするべきこと

自分で健康の質を高める方法はこれ!医者と薬に頼った時点で負けです。

現代人の時間の作り方

calendar



時間が足りなくて困っている人。

あれもしたい、これもしたいのに時間がない人。

現代では時間がない人がほとんどで、むしろ時間を持て余している人を見つけるのが困難なぐらいです。

そんな共通の悩みに、実にいい加減な、あやしい情報が跋扈しています。

間違っている時間の作り方

睡眠時間を削ろう

隙間時間を活用しよう

なぜ間違いなのか

睡眠時間を削るのも、隙間時間を使うのも、もっともらしいですし、確かに時間を捻出していること自体は間違いではありません。

しかし、それはただの精神論に近い役に立たない話です。むしろ害があると言いたいくらいです。

ここを読んでいただいているような人は、時間の使い方に課題や問題意識があり、どうしたら毎日の生活の質をあげられるか考えている人です。

そんな人が、惰眠を貪ぼっているとは思えないからです。

無くてもよいような隙間時間を持っているとは思えません。

睡眠時間

改めて記すまでもなく、人間は睡眠を取らねば病気になり、死に至ります。

睡眠は疲労を癒し、体力を回復させ、気分をリフレッシュさせる大切な時間です。

隙間時間

何かをやる間の時間は、後始末や準備に必要であり、気分や思考を変える大切な時間です。

考えてもみてください。

隙間時間がなくて、次々とあれもこれもできるでしょうか?

もし隙間時間をなくせば、何かをする大切な時間に次のことを考えたりすることになり集中を欠くことになります。

睡眠時間を削るとか、隙間時間を使うというのは古すぎる思い付きです。

では、どうする?

思考、動作の周波数を上げる

もう少し具体的に言うと、考えるスピードを上げる、判断するまでの所要時間を減らす、即断即決。

歩く速さを速める、やることを早く片づける、所作を機敏にする。

ということなのです。

子供の頃の勉強を思い出してください。

嫌々やった勉強は、何時間やっても、予習復習しても頭に残りませんよね?

面白いと思ったこと、へぇ~と感心したことは、授業で聞いただけで頭に残っているはずです。

所作もそうです。

極端な例ですが、何気なく取った鍋の蓋が熱かった時、熱っ!と手を引っ込めますでしょ?相当スピードが出ているはずです。

道を歩いていて、足元にロープがあると思ってよく見たら蛇だったら?すごいスピードで離れますよね。

要は、「あなたの潜在能力はまだまだ高速化できるハズ」ということなのです。

言い換えれば集中力を上げるでも良いかもしれません。

でも、かける時間を短くするということがペアでなければいけません。

集中する方法も人それぞれ

ここからはオマケみたいな話になります。

集中する環境は大切です。

そして人により、全く違います。

ちなみに私は静かで一人になりたいのですが、図書館やスタバでやった方が頭に入るという人は大勢いますね。

テレビでやっていましたが、東大合格生でお母さんが食事の用意をしている横で受験勉強した人が多いそうです。中には個人の勉強机を持たない人もいるとか。いやぁ、びっくりしました。

好きな音楽聴きながらの方が集中する人もいますね。

本当に人それぞれですね。

これもテレビの受け売りですが、アロマで集中力を高めたり、認知症予防もできるそうです。

禅の修行でお香を焚くのもそういう狙いなのでしょうか?

ちなみに、集中力を高めるアロマはローズマリー・カンファーというものだそうです。私は知りませんでしたが、ローズマリーって産地により3種類あって、匂いも成分・効能も違うそうです。

アマゾンの購入者のカスタマーレビューで生の声を確認できます:GAIA エッセンシャルオイル ローズマリー5ml

sponsored link

この記事をシェアする